相続争いって醜いです

遺言書でもあれば違っていたのかもしれません

遺言書でもあれば違っていたのかもしれません

どうしよう・・・!静岡 相続探しておこう。

 

数年前に知人に聞いた話です。
叔母が連れ合いを亡くして家を追い出されそうだという話でした。
実績ある相続 静岡で見つけよう。
叔母の夫は元々はちょっとした資産家だそうで。結婚したものの妻と上手くいかず早々に別居、十年ほどして叔母と出会いそれから二十数年も事実婚状態だったそうです。
その夫が急死し葬儀も終わった頃本妻がやって来て、書類上は私が妻で貴女は他人だから遺産の全ては私の物、この家も夫が建てたのだから私の物、全てを置いて出て行けと、無理やり家中を探して金目のものを持っていってしまったそうです。
詳しく知るなら静岡市 相続まずはクリック
叔母と暮らし始めるときに財産の全てを本妻に渡し、無一文状態で二人暮らし始めたので、後々揉めることになるとは思っていなかったようで、遺言の類いは一切ありませんでした。
サイトを見てみて静岡 遺言です。
周囲は結婚は破綻していたのだから弁護士をたてなさいと勧めましたが、叔母は横入りした自分が悪いのだからと泣き寝入り状態。まずは遺言 静岡詳細が見れます

 

その後その叔母がどうなったのか、やはり妾である以上しかたのないことなのかは私には分かりませんが、
いつ何時、人は死ぬかもしれない。せめて残したい相手くらいは書き記しておかないといけないという教訓よね、と苦笑いしていた知人が印象的だった出来事でした。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ